公正証書遺言がおすすめ

遺言書の作り方としては、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の三つの方法があります。これらのうち、当事務所では、公正証書遺言をお勧めしております。

公正証書遺言のメリットは、以下の通りです。

  • 法律で決められた形式の不備により遺言が無効になってしまう恐れが、ほぼなくなります。
  • 公証役場が遺言状を保存してくれるので、紛失、変造、偽造などの恐れがありません。
  • 家庭裁判所による検認手続きが不要です(自筆証書遺言などの場合は、検認手続きのため、遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本、相続人全員の戸籍謄本などを取得する必要があります)。
  • 健康上の理由などによって自分で字が書けない人も作成できます(認知症等の場合は、遺言者に遺言能力があるかどうか検討する必要があります)。

公正証書遺言のデメリットは、以下の通りです。

  • 遺言者と相続人との関係を示す戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本、受遺者の住民票の取得などの手間がかかります。
  • 公証役場(や専門家)に支払う費用がかかります。
  • 証人2名を選ぶ必要があります。
  • 遺言の内容を公証人や証人に知られます。
  

業務のご案内

全て開く | 全て閉じる

墨東行政書士事務所
〒136-0071
東京都江東区亀戸2-28-3
アセッツ亀戸4階
TEL.03-5628-5733