遺言書は、遺される方々への贈り物

遺言書(特に、公正証書遺言)を作成しておくと、遺族の方々には、大きなメリットがあります。

遺言書を通じて、遺言者の意思を知ることができるので、相続人どうしの紛争を避けられる可能性が大きくなります。

相続人が遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成する負担がなくなります(相続人全員(受遺者を含む)の同意があれば、遺言と異なる遺産分割協議が可能となる場合があります)。

相続人が戸籍謄本等を収集する負担が大幅に軽くなります(公正証書遺言の場合)。

遺言書を作成するのは、手間がかかることです。公正証書遺言の場合は、費用もかかります。逆から言えば、遺言書を作成しないで死ぬことは、その手間や費用を相続人に押しつけることを意味します。

あなたの大切な遺族のために、最後の贈り物・遺言書をのこしませんか。

  

業務のご案内

全て開く | 全て閉じる

墨東行政書士事務所
〒136-0071
東京都江東区亀戸2-28-3
アセッツ亀戸4階
TEL.03-5628-5733